第8回農業ワールド


2018年10月10日に幕張メッセで第8回農業ワールドが開催されました。

農業EXPOは、IT農業、ソーラーシェアリング、6次産業化、植物工場など、農業の次世代技術・製品が集まる展示会で、毎年行われています。

最新の農業用ドローンも多数展示されているこの展示会に、弊社の清原が行ってきました。

会場の様子を、一部ですが写真でご紹介しますね。

会場にはたくさんのブースが設置されています。

SkyLink Japanのブースでは、DJI社の農薬散布ドローン新型AGRAS-MG1P RTKが展示されていました。

こちらが最新型のMG-1P RTKです。 新機能はRTKのシステムで自動航行、カメラがつきライトもつきました。

ネットで仕切られたスペースでのセミナーとデモフライト。

DJIの展示ブースではMG-1の展示やパネルディスカッションが行われていました。

こちらは国産ドローンのエンルートのブースです。写真は豆つぶ剤散布装置のついたAC1500。

ナイルワークスのブースでは、生育調査用カメラがつき、離陸から農薬散布まで全自動のNile-T18というドローンが展示されていました。 ドローンで農業が変わっていきますね。 農薬散布機体販売、ライセンス取得できますので、農業用ドローンのことならお気軽にご相談ください。 最新の情報を提供いたします。

#ドローン活用トピック

Category
Recent Posts

お問い合せ

0852-67-1550

株式会社 SWIFT

〒690-0842

島根県松江市東本町5-1

FAX 0852-67-2722

[設立]2013年

[代表取締役]清原 幹也

[事業内容]

*ドローンでの空撮

*ドローンでの測量

*ドローンでの農薬散布

*ドローンレースの企画

*ドローンスクールの運営

*ドローン機体販売【DJI代理店】