DJI飛行解除申請について



飛行解除申請ガイドライン(DJI)
.pdf
Download PDF • 1.35MB

DJIのドローンを空港周辺などの飛行禁止区域で飛ばす場合、ドローンにはロックがかかり、プロペラが回りません。飛行の前に「飛行解除申請作業」を済ませておきましょう。


■飛行制限の解除方法について


1. まずは、DJIホームページ「安全飛行フライトマップ」にて飛行予定場所の区分をご確認ください。


安全飛行フライトマップ  https://www.dji.com/jp/flysafe/geo-map


2. 飛行エリアが以下のロック解除を要するエリアに該当される場合、DJIにて制限を解除しなければ飛行出来ない空域となりますので、DJIへの解禁申請が必要となります。


「解除申請ガイドライン」をご参照の上、お手続きをお願いいたします。


各種制限エリアの解除タイプについて

・飛行制限空域:カスタムロック解除/区域ロック解除

・規制制限空域:手続き不要

・許認可空域:カスタムロック解除/区域ロック解除

・強化警告空域:手続き不要。免責事項に同意した後飛行可能

・高度制限空域:制限高度以下で飛行を行う場合は申請不要。

・制限高度以上飛行を行う場合はカスタムロック解除/区域ロック解除

・警告ゾーン:申請不要

・人口密集地域:申請不要


■ご注意

1:解除期間は3ヶ月以内、最長で1年延長する事が可能です(原則、DJIは1年以上の解

除は行っていません。)

2:解除範囲は登録された座標より半径30KM以内となります。

3:国土交通省など公的機関より発行された飛行許可証明書(氏名、許可期間の記載が必須)

の提出が必要となる場合があります。

4:レターヘッドとは、組織または政府関係者であると証明できる書類となり、組織名、申請者、目的、印鑑やサイン等の確認が出来る書類のことを指しています。

 フォーマットは自由、容量5MB以下でpng、jpg、jpeg、pdfのいずれかの形式。

Category
Recent Posts

お問い合せ

0852-67-1550

株式会社 SWIFT

〒690-0842

島根県松江市東本町5-1

FAX 0852-67-2722

[設立]2013年

[代表取締役]清原 幹也

[事業内容]

*ドローンでの空撮

*ドローンでの測量

*ドローンでの農薬散布

*ドローンレースの企画

*ドローンスクールの運営

*ドローン機体販売【DJI代理店】